起きることすべて自分に原因がある!〜愚痴っていても何も変わらない〜

あなたにはあなたにしかない「価値」がある!

そして、その「価値」に気づいたとき人は素敵な「笑顔」に変わります!

そんな「笑顔」が大好き!

「スポーツ店集客コンサルタント」の橋本慶一です。

愚痴っていても何も変わらない!

昔サラリーマン時代中期の頃、よく同僚と飲みにいっては会社の愚痴や業界の愚痴、同僚の愚痴、上司への愚痴をいっていたと思います。

若い頃、先輩社員が同様に愚痴っていたときは絶対そういう風にならないようにしようと思っていたのに・・・

ぼくも30歳を超えた頃同じようになっていたと思う!

飲みながら愚痴をいうのはその時はすごーく気晴らしになるので・・・

なんとなくスッキリした気持ちで帰宅なんてこともあるのですが・・・

それで沢山失敗したと思う!(汗)

それに・・・

多分その愚痴のほとんどは改善されなかったと思う。

35歳の頃からちょっと気持ちの変化で愚痴るのを辞めました!

だって・・・

人のせいにしたり・・・

環境のせいにしたり・・・

もっと言えば生産性なかったし!

なんか愚痴っていても変わらないというか・・・

とある上司の一言がきっかけで愚痴るの少しだけ気をつけて止めました!

それまですごく飲みにいっていたけど飲み会もパスしたり・・・

自分が変わるってなかなか難しいですよね!

「他責」にせず「自責」!まずは自分が変わろう!

「他人が悪い」という他責思考から「自分が悪い」という自責思考へ!

人はそれぞれ違うわけで・・・

自分の思い通りにいかないからって人のせいにしたり・・・

ましてや上手くいかないのは環境のせいにしたり・・・

会社のせいにしたり・・・

そりゃ無理な話ですよね!

どんだけ傲慢だったかって話です!(汗)

でもでも常に言われた「他責」ではなく「自責」へという言葉で・・・

それまでめちゃめちゃ愚痴っていたんだけど・・・

ちょっとセーブしようと思いました。

沢山愚痴っていると・・・

言葉に発した愚痴、心で思った愚痴すべてぼくの潜在意識の中に蓄積されて気持ちも重くなるし・・・

きっと態度にもでていたと思う!

周りの人だって楽しくないし面白くない!

気持ちだって上がっていかないよね!

どんどんネガティブになる!

自分に起きることはすべて、自分自身が原因

先日もブログで紹介しましたが・・・

プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手は勝ち続けていた頃・・・

一緒にラウンドする選手のことを応援しながらラウンドしていたそうです!

最近スキャンダルや怪我などで調子を崩したり試合にも顔を出しませんが・・・

勝ち続けていた頃自分自身がポジティブに入れるように・・・

隙を見せないように・・・

自分自身にマイナスのイメージを持ち込まないように・・・

一緒にラウンドする選手をも応援する!

そうすることで自分自身も調子を上げていくといったマインドコントロールを心がけていたそうです。

タイガー・ウッズ選手もきっと「他責」にはせず「自責」を心がけていたんでしょうね!

自分自身でネガティブ人間になるように行動しなくてもいいですよね!

自分自身はコントロール可能な唯一の存在!

ビジネスでも同じ!

環境のせいにしたり・・・

他社のせいにしたり・・・

または他人のせいにしたり・・・

「他責」にせず「自責」で考えてみることが大事!

「他責」にしているといつまでたっても変われない!

まずは自分が変わるくらいの気持ちがとってもとっても大事なんだろうと!

サラリーマン時代すごーーーく学びました!

ぼくもまだまだだけど・・・

自店が上手くいかないのは・・・

外部要因も確かにあるけど・・・

まずは自分が変わること!

愚痴を言っているだけでなく行動してみること!

こんな思考が大切だと思います。

なんだかまとまりのない文章だけど・・・

なんとなく伝わりましたか?(笑)

まっ!いいか!

ぼくがそう思ったから!(笑)

皆様の応援が力になります。

人気ブログランキングに参加しています。

是非、ポチッと応援よろしくお願いします。

↓↓↓


人気ブログランキングへ

第3回「好きを見つけてビシネスに活用しようセミナー」 7月9日(土)開催決定!

第三回 「森本純子と橋本慶一のガチンコPOP塾」開催決定! 7月29日(金)

ブログの読者登録はコチラから!

セミナー依頼はコチラから!

コンサル依頼はコチラから!


The following two tabs change content below.
橋本慶一

橋本慶一

「スポーツ店集客コンサルタント」&「コトPOPアドバイザー」 はっしーこと橋本慶一です。 集客のお手伝いならびに売上を上げる仕組み作りを一緒に創出しサポートいたします。コトPOPの考え方、ソーシャルメディアの使い方、考え方、デジタルツールとアナログツールの活用方法と集客に関するシナリオ作りをサポートします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です