PTAに携わり感じたこと色々!

あなたにはあなたにしかない「価値」がある!

そして、その「価値」に気づいたとき人は素敵な「笑顔」に変わります!

そんな「笑顔」が大好き!

「スポーツ店集客コンサルタント」&「コトPOPアドバイザー」&「SNS集客アドバイザー」の橋本慶一です。

平成28年度のPTA会長として子ども達が通う小学校のPTAに携わることができました!

昨日PTA総会を終えてホッと一息!

ちょっとPTAロスになりかけている感じがします!(笑)

28年度のPTA活動は本部さんにおんぶに抱っこで僕マジでシュレッダーとかしかしてません!(笑)

この写真実は奥が深いんですよ!

僕がPTA活動を務めた本部さんを象徴するような写真!

スーツ着てシュレッダー!(笑)

詳細は最後に書きますね!

本当にメンバーに恵まれて一年間楽しくやってこれました!

本部役員の皆様には心から感謝です!

PTAに携わり感じたこと色々!(笑)

PTA会長職の話をいただいた時、正直困りました!

そもそもこんなゆるゆるな僕で務まるのか?

もっと言うと・・・

こんなゆるゆるな僕が本当に会長でいいの???

いやいやマズイでしょ!(汗)

だって・・・

学校の顔とも言える職じゃない!(汗)

ほんとにいいのおおおおおおおおお!(汗)

まじで学校大丈夫???

だってだって!

こんな格好で挨拶とかしてるし!(笑)

半袖に短パンだし!(爆)

ちょっとラフじゃない!!!!!(笑)

でもね!

個人的な見解だけで言うと・・・

PTAもっとゆるくてもいいんじゃない?

もっというとPTAもっと楽しそうにしていいんじゃない?

さらにいうとPTAもっと開かれてもいいんじゃないの!!!って切に思います。

PTAに対するイメージって・・・

強制感がハンパない、負担が多い、面倒くさい、仕事しているので無理、時代にあっていない、楽しくない、クジで当たって無理やりやってる、閉鎖的、地域とのつながり面倒くさいなどなど・・・

僕も最初はそうでした!

事前の話を聞く限りみんな嫌ならやめればいいのにPTAなくてもいいんじゃない?

僕がPTA会長のときにPTA解散してもいいかな?とかPTA会長務める前はマジでそう思っていました!

確かに平日の昼間、お休みの日に学校に来て作業したり資料作ったり、企画の打ち合わせしたり何度も集まって議論したりするので負担は大きい!

時々学区外でのお仕事もあったりします。

でもね!

初めて参加した僕がPTA会長就任する前の会合(2016年3月)でPTAのお仕事された人のほとんどが「やってよかった〜」「楽しかった〜」「お友達が出来た」って言われていたんだす!

なんで??????

PTAって役員決めるときもくじ引きだし立候補する人も少ないし批判的な意見しか聞いてなかったのに?

不思議だな〜ってね!

こんなにも役員や委員をやった人とやっていない人のギャップがあるの???ってそう思いました!

現に僕がPTAを務めた学校の専門委員、学年委員さんもみーーんな最後の運営委員会(2017年3月)の時に「やってよかった〜」「楽しかった〜」「お友達が出来た〜」って言われていました!

知人の中にはもう一年やればよかったっていう人もいらっしゃるくらい!

それはなぜかって考えてみると・・・

親は子の鏡を実感!

やっぱり全てが子ども達の成長に繋がっているんだよね!

保護者の方々の活動を子ども達は間近で見ているってこと!

もちろん学校に行くことが多くなるので子どもの学校での様子を見れるって逆の見方もあるけどね!

保護者の頑張っている姿、輝いている姿、楽しんでいる姿を絶対見ているんだよね〜

環境さんのお仕事、校外さんのお仕事、広報さんのお仕事、教養さんのお仕事、地域の子ども会(育成会)のお仕事、選考さんのお仕事全部が最終的に子ども達の成長に欠かせないものなのかなってね!

それは係りの活動以上に保護者が頑張っている姿を子ども達に見せれるこれが一番なのかなって思います。

子は親の背中をみて育つ!

PTAの活動に触れ、PTAの活動に参加するようになり真にそう思うようになりました!

子ども達の成長に触れることができる時に親は嬉しくなるし楽しくなる!

会話は無くても自然と親と子のコミニケーションにつながるのかなって勝手にそう実感します。

中には「学校でお仕事しているのを子どもが喜んでくれる」って言われていた保護者の方がいらっしゃいましたが活動に参加する意味ってもしかしたらココにあるのかもって思いました。

子どもは誰が守るもの?

子ども達が学校生活を楽しく安全に充実したものにするために学校の先生方、地域の方々、そして保護者の多くの人が見守っている!

PTAに携わるまでこんなに地域の方が通学や学校生活の中で、子ども達をサポートしてくださっているって知らなかったし今、こんな世の中だからこそ大切なことなのかなって思います。

毎日のように飛び込んでくる事件や事故のニュース!

何が良くて何が悪いのか何を信じればいいのかわからない世の中で・・・

自分の子どもは自分で守る!

これが基本的なことなのかなって思います。

他人に任せず自ら守るくらいの責任があってもいいんじゃないのかなって思います。

海外の保護者は学校への送り迎えは基本だそうです!

子どもを一人で街を歩かせるのもさせないとか聞きます!

日々の事件やニュースを聞いているとそうしなきゃって思うことも度々あります。

それが過保護なのか?

それとも世界では常識なのか?

日本だから許されるのか?

それは考え方も様々だと思います。

もちろん現実的にできる出来ないあると思うんだけど・・・

気持ちのどこかに保護者が守らなきゃってそういう気持ちが多少あってもいいんじゃないかなって思います。

PTAとかよくやりますね!とか

PTAとか絶対無理!とか

くじ引きやジャンケンして当たらなくてよかった〜ってガッツポーズをする人をみるとすごくがっかりします。

ま〜否定はしませんけど・・・

もしどちらかに優先順位つけるとしたらあなたはどちらを選びますか?

「仕事」と「子ども」どっちが大切ですか?

僕は即答出来ます!

もし子どもに何かあったらマジで嫌だし考えたくもない!

PTAの活動に参加するしないは自由だし強制もしません!

でも!

活動に参加してくれる方々の思いは大切にしたいな〜って今はそう思うようになりました!

尽力くださる方、協力くださる方、毎日登下校を見守ってくださる方、ボランティアで放課後子ども達のお世話をしてくださる方、多くの方が見守ってくださるってことを心のどこかに思っていてほしいな〜と思います。

そう考えたらPTAへの考え方変わるんじゃないのかなってね!

PTAの活動が時代にあっていないって言われるけど・・・

僕は大枠で考えたら今の時代にあってるんじゃないのかなって思っています。

何も学校で活動することだけがPTAの活動ではないし自らが出来ないこと多くの方が代わりにやってくれていることを忘れないでほしいな〜と思うんです。

これ冒頭にも紹介した僕がスーツを着用してシュレッダーをしている写真!(笑)

僕にできることは・・・

携わる方々が円滑にお仕事してもらえるようにするだけ!

なのでスーツも着ます!(爆)←これわかる人だけがわかればいいです!(笑)

全力でシュレーダーもやります!(笑)

できることをやる!これでいいと思うんですよね!

それに、その方が円滑みたい!(笑)

だって、活動の邪魔はできませんからね!(笑)

多くの方々がPTAの活動を支えてくださいました。

本当に心より感謝します。

ありがとうございました。

皆様の応援が力になります。

人気ブログランキングに参加しています。

是非、ポチッと応援よろしくお願いします。

↓↓↓

人気ブログランキングへ

イベント情報(好きをみつけてビジネスに活かそうセミナー)
第8回「好きをみつけてビジネスに活かそうセミナー2017年6月開催予定! 詳細決定次第ご案内いたします。 第7回「好きをみつけて...
季節イベントカレンダー
1月 元旦 1/1 成人の日 1/12 新春初売り福袋 新年会シーズン 新生活準備 スキー・スノーボード ...
プロフィール
スポーツ店専門集客コンサルタント 本名:橋本慶一(はしもとけいいち) ニックネーム:はっしー 出身地:長崎県諫早市 ...
読者登録
ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。 ブログの読者登録&解除はコチラのページから行うことができ...
セミナー依頼はコチラ!
◯好きをみつけてビジネスに活かすセミナー お店の価値、スタッフの価値は必ず自店、自身の中に宿ります! 歩んできた時間、育ってきた時間・環...

http://ameblo.jp/keiichi-hashimoto/page-3157.html#main


The following two tabs change content below.
橋本慶一

橋本慶一

「スポーツ店集客コンサルタント」&「コトPOPアドバイザー」 はっしーこと橋本慶一です。 集客のお手伝いならびに売上を上げる仕組み作りを一緒に創出しサポートいたします。コトPOPの考え方、ソーシャルメディアの使い方、考え方、デジタルツールとアナログツールの活用方法と集客に関するシナリオ作りをサポートします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です