苦手の克服をがんばるか、得意を伸ばすか?

苦手の克服をがんばるか、得意を伸ばすか?子どもの頃からずっと考えていた橋本慶一です。

子どもの頃からずっと不思議に思っていました。

僕の身の回りにいる人や本、テレビ、時々学校の先生は「得意を伸ばそう」という風にいう人が圧倒的に多かった!

でも学校での授業や受験は不得意を克服しようという考え方もある!

社会人になってからも自己啓発本のほとんどは「得意を伸ばそう」と書いてある事がほとんど!

でも会社の評価では得意な分野よりも苦手な分野での克服を促す内容のものが多かった!

苦手を補えばもっと評価が上がるってよく言われました。

減点法ってやつですかね!

でも苦手なことを補うように頑張るのは「楽しくなかった」です!

子どもの頃からの矛盾!

僕が子どもの頃は先生の言うことは親の言うことよりも説得力があって僕にとっては強い影響力をもっていました。

そんな矛盾をいつも考えていました。

個人的に得意な体育ばっかり出来たら幸せだしとっても楽しい!

苦手な勉強はしなくてもいいんじゃないのか?

小学生の時から足し算、引き算、掛け算、割り算くらいしか大人になっても使わないと知っていたのでなおさらです!(笑)

今となっては得意なことを伸ばすことのメリット、苦手なところを補うメリットさらにはその年代年代での環境との関係性を多角的にみれるけど・・・

子ども頃はそんなことをいつも疑問に思っていました。

大人になって41歳になった「今」改めて思うことは・・・

苦手の克服をがんばるか、得意を伸ばすか?

この問いに答えるとしたら・・・

迷わず「全力で得意を伸ばす」ことを優先したほうがいいと答えます。

得意なことはワクワクするし好きなことが多いです。

苦手なことをイヤイヤやるよりも、得意なことや好きなことにエネルギーをつぎ込めばその時の最大限の成果がえられると思います。

何か一つこれなら「出来る」ってことをみつけたら自信にもつながります。

この「自信」ってのが生きる活力にもなるし世の中に認められているって感じるんじゃないのかなって思うのです。

よく、今の子ども達は「自己肯定感」が無いっていうけども・・・

自分が生きている意味、自分が必要とされている感覚はこの「自信」から生まれるんじゃないのかなって思います。

だとしたら「得意なこと」「好きなこと」に先ずは気づきその力をぐーーーんと伸ばす必要があると思います。

するときっと人のもつ人間力全体が向上するんじゃ無いのかなって思います。

「得意なこと」「好きなこと」をガンガン伸ばしていこうね!

皆様の応援が力になります。

人気ブログランキングに参加しています。

是非、ポチッと応援よろしくお願いします。

↓↓↓

人気ブログランキングへ

プロフィール
スポーツ店専門集客コンサルタント 本名:橋本慶一(はしもとけいいち) ニックネーム:はっしー 出身地:長崎県諫早市 ...
読者登録
ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。 ブログの読者登録&解除はコチラのページから行うことができ...
セミナー依頼はコチラ!
◯好きをみつけてビジネスに活かすセミナー お店の価値、スタッフの価値は必ず自店、自身の中に宿ります! 歩んできた時間、育ってきた時間・環...

橋本慶一の心の処方箋(Twitter)

↓↓↓

はっしーの毎日を楽しく生きるエクスマ的ブログ!(アメブロ2011年1月31日〜2015年)

↓↓↓

http://ameblo.jp/keiichi-hashimoto/page-3157.html#main


The following two tabs change content below.
橋本慶一

橋本慶一

「スポーツ店集客コンサルタント」&「コトPOPアドバイザー」 はっしーこと橋本慶一です。 集客のお手伝いならびに売上を上げる仕組み作りを一緒に創出しサポートいたします。コトPOPの考え方、ソーシャルメディアの使い方、考え方、デジタルツールとアナログツールの活用方法と集客に関するシナリオ作りをサポートします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です