始まりがあれば終わりもある!〜和太鼓「茶鼓の会」惜しまれて解散〜

昨日午前中は「あきる野市産業祭」へ、そして午後は埼玉県比企郡吉見町にある「フレサよしみ」にて開催された「埼玉県太鼓民舞サークル連絡協議会」の20周年記念発表会を見学し和太鼓の演舞を楽しみました。

集客コンサルタント 橋本慶一

全11チームがエントリーしていてどのチームの演舞も迫力があってとっても感動しました。

中でも最終演舞だった「茶鼓の会」には日頃からお世話になっている中学校の先生が出演すると言うことで、とっても楽しみでした。さらにはこの20周年記念発表会をもって「茶鼓の会」は解散ということで演舞が始まる前から本当にちょっと変わった雰囲気!

集客コンサルタント 橋本慶一

でも出演されている皆さんすごく楽しそうにステージを勤められていたので本当に良かったなって思います。数十年の活動にピリオドを打つには相応しいステージでした。

始まりがあれば終わりもある!

太鼓サークル「茶鼓の会」の最後の演舞を聴きながらすごく感動したことは言うまでも無いですがまだまだ出来るんじゃ無いのかなって思ったり解散しなくてもいいんじゃ無いのかなって思った人は多くいると思います。僕もその一人だからね!

でも病気や高齢化、または生活のリズムが変わったり様々な理由での解散だと聞いてますが本当に残念です。

でもでも、必ず始まりがあれば終わりがあるし、終わりがあるからまた始まりでもあったり、出会いもあれば別れもあるし別れがあるから出会いもあったりするしまたそれぞれのメンバーがそれぞれの場所できっと活躍されるんじゃ無いのかなって思ったりします。

「茶鼓の会」の最終ステージを聴きながら約30分間ちょっとなんとも言えない雰囲気で思ったことはそんなことです。

そして自然と湧き上がってきた感情があります。

和太鼓の演舞を聴きながら僕も太鼓を叩きたくなった!

今回の和太鼓の演舞に触れてまず感じたことは僕も和太鼓をやってみたいと言うこと。それも小学校の仲間と子どもの頃に演舞した「浮立」と言う太鼓をあの仲間でやりたいって強く思いました。30年以上前に一緒に演舞した「浮立」と言う長崎県諫早市の民舞を一緒にやりたいなって思いました。次の同窓会なのか?またはまたは違う機会なのかわからないけどもう一度あの時の幼馴染と一緒にやってみたいなって思うのです。

それくらい今回の和太鼓サークル「茶鼓の会」の演舞がとっても感動的だったってことです。そして僕の中に眠る懐かしい和太鼓への想いを思い出させてくれたかなってね!

終わりがあれば始まりもある!

「茶鼓の会」のサークルとしての活動は終わったけども僕の心の中には新しい太鼓への気持ちが湧き上がっているそんな風に思います。

いつかきっと子どもの頃の仲間と一緒に太鼓を叩くぞ〜!(笑)

茶鼓の会の皆様、そして全出演者の皆さん本当にお疲れ様でした。

集客コンサルタント 橋本慶一

そして、ありがとうございました。

皆様の応援が力になります。

人気ブログランキングに参加しています。

是非、ポチッと応援よろしくお願いします。

↓↓↓

人気ブログランキングへ

プロフィール
スポーツ店専門集客コンサルタント 本名:橋本慶一(はしもとけいいち) ニックネーム:はっしー 出身地:長崎県諫早市 ...
読者登録
ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。 ブログの読者登録&解除はコチラのページから行うことができ...
セミナー依頼はコチラ!
◯好きをみつけてビジネスに活かすセミナー お店の価値、スタッフの価値は必ず自店、自身の中に宿ります! 歩んできた時間、育ってきた時間・環...

橋本慶一の心の処方箋(Twitter)

↓↓↓

はっしーの毎日を楽しく生きるエクスマ的ブログ!(アメブロ2011年1月31日〜2015年)

↓↓↓

http://ameblo.jp/keiichi-hashimoto/page-3157.html#main


The following two tabs change content below.
橋本慶一

橋本慶一

「スポーツ店集客コンサルタント」&「コトPOPアドバイザー」 はっしーこと橋本慶一です。 集客のお手伝いならびに売上を上げる仕組み作りを一緒に創出しサポートいたします。コトPOPの考え方、ソーシャルメディアの使い方、考え方、デジタルツールとアナログツールの活用方法と集客に関するシナリオ作りをサポートします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください