商品をどう売るか考えるよりもお客様にどうしたら喜んでもらえるか考えよう!

お客様と良好な関係性を保ったり、お客様と自店のファンになってもらいたかったらお客様にどう売るか考えては駄目です。

なぜならお客様にどう売るか?そう考える時点でお客様に売り込むことばかりを考えてしまうからです。その瞬間に敵対関係になるのです。お客様と良好な関係を築きたいなって思っているのに真逆の思考になっていたり、行動をしていることって結構あるのです。「売ろう」「売ろう」と考え行動すると自然とお客様は売り込まれているように感じるものです。

それに我々のビジネスはモノを売ることが真理ではないからです。僕らのビジネスは本来お客様の不を解消するためにあるのです。もっと言うとお客様を幸せに導くためにあるのです。なのにお客様にモノを売ることばかりに気が向くと真理とは違った行動につながってしまうのです。

お客様との良好な関係を築きたいならお客様を「よろこばせる」ことです。

上にも書いたようにお客様にどうやって売ろうかって考えたらお客様とは良い関係にはなれないのです。だって「売ってやろう」って思った瞬間に敵対関係になるからね!

僕もサラリーマン時代「売る」ことばかりを考えていた時代がありました。僕は法人営業でしたのでBtoBです。毎日毎日売ることばかりを考え売上のことばかりを考えていた時代があります。そんな時はお客様と良い関係になるはずもありません。だってお客様の会社に商品在庫が溢れるなんてことお構いなしでしたからね。無理を強要しているようなイメージです。

お客様と良好な関係を築きたいならお客様にどうしたら「よろこんでもらえるか」を考えることです。またはどうしたら「楽しんでもらえるか」を考えることです。

「売ろう」って考えるのではなくどうしたら「よろこんでもらえるか」を考えるのです。

お客様の「不安」「不満」を解消することも一つですが心から笑ってもらったり、幸せを感じてもらえたりお客様によろこんでもらえることを考えてみて欲しいなって思います。

そうすることでお客様とは良好な関係性が築けるしファンになってくれます。

「売る」のではなく心から「よろこんでもらう」ことです。

そう視点を変えるだけできっと行動が代わりお客様との関係性もガラリと変わってくるよ!

プレイング集客コンサルタント 橋本慶一

皆様の周りに笑顔が幸せが溢れますように!

皆様の応援が力になります。

人気ブログランキングに参加しています。

是非、ポチッとよろしくお願いします。

↓↓↓

人気ブログランキングへ

プレイング集客コンサルタントはじめました!
プレイング集客コンサルタント これまで「集客コンサルタント」として様々なお店のアドバイスやアイデア出しを一緒に行ってきました。もちろんセミ...
お問い合わせ先
※ご要望には柔軟にお応えしますのでお気軽にご相談下さい。 集客コンサルタント・コトPOPアドバイザー 橋本慶一 〒359-1...
プロフィール
プロフィール 本名:橋本慶一(はしもとけいいち) ニックネーム:はっしー 出身地:長崎県諫早市 生年月日:昭和51年...
読者登録
ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。 ブログの読者登録&解除はコチラのページから行うことができ...
セミナー依頼はコチラ!
◯好きをみつけてビジネスに活かすセミナー お店の価値、スタッフの価値は必ず自店、自身の中に宿ります! 歩んできた時間、育ってきた時間・環...

橋本慶一の心の処方箋(Twitter)

↓↓↓

はっしーの毎日を楽しく生きるエクスマ的ブログ!(アメブロ2011年1月31日〜2015年)

↓↓↓

http://ameblo.jp/keiichi-hashimoto/page-3157.html#main


The following two tabs change content below.
橋本慶一

橋本慶一

「集客コンサルタント」&日本で唯一の「プレイング集客コンサルタント」の橋本慶一です。お客様との関係性を深める「POP集客セミナー」「SNS集客セミナー」主催講師。 集客のお手伝いならびに売上を上げる仕組み作りを一緒に創出しサポートいたします。コトPOPの考え方、ソーシャルメディアの使い方、考え方、デジタルツールとアナログツールの活用方法と集客に関するシナリオ作りをサポートします。また「プレイング集客コンサルタント」としてあなたと一緒に働くことも可能です。 自己啓発セミナー「好夢叶」主催運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください